2019年10月1日火曜日

ナースリーだよりⅠ(10月)


ほかの種は、良い土地に落ち、芽生え育って実を結ぶ。
                    
                   マルコによる福音書48
 
今からおよそ2千年前に生きたイエス様は「神の国」
が近づいたことを人々に語りかけました。イエス様
は、日本で経験することの出来る四季の変化と同じ
四季のあるガリラヤ地方で活動します。ガリラヤ湖
に近いカファルナウムを拠点として神の国運動を推
進します。ある日、ガリラヤ湖畔で、多くの人々が
イエス様の話を聞こうとして集まって来ます。あま
りの多さに押し潰されてはいけないと、イエス様は
舟に乗り、岸から離れ、腰を下ろし話し始めます。
全て譬えを用いて話します。
種蒔きが種を蒔きに出て行った。種は貴重なもので
す。また、種そのものに成長して実を結ぶ力を持っ
ています。種は良い土地に落ち、芽生え、育って実
を結びます。良い土地に種が落ちれば必ず実を結び
ます。種自身が成長する力を宿しているからです。
種は良い土地に落ちて、芽生え、実を結ぶ。このコ
トバは、私たちの心の深くにとどまり、様々な日常
生活の中で想起されることになります。なぜなら、
イエス様の語られたのは神の言葉だからです。
              園長 真砂 良克

園長の言葉(10月)

10月の聖句

ほかの種は、良い土地に落ち、芽生え育って実を結ぶ。

          マルコによる福音書4章8節

 今からおよそ2千年前に生きたイエス様は「神の国」
が近づいたことを人々に語りかけました。イエス様は、
日本で経験することの出来る四季の変化と同じ四季の
あるガリラヤ地方で活動します。ガリラヤ湖に近いカ
ファルナウムを拠点として神の国運動を推進します。
先ず、弟子を招きます。ペトロ、アンデレが湖で漁を
していました。イエス様は「私に従いなさい」と呼び
かけます。すると、二人は網を捨てて、イエス様の後
について行きます。次に、ヨハネとヤコブに会い、
「私についてきなさい」と呼びかけます。二人はやは
りイエス様の後について行きます。
 ある日、ガリラヤ湖畔で、多くの人々がイエス様の
話を聞こうとして集まって来ます。あまりの多さに押
し潰されてはいけないと、イエス様は舟に乗り、岸か
ら離れ、腰を下ろし話し始めます。全て譬えを用いて
話します。「よく聞きなさい」湖と言いましても小波
の音がしますし、人々の雑音もあります。そのために、
大声で話したと考えます。よく聞きなさい。これから
聞く言葉を記憶にとどめなさい。コトバを聞く。生れ
て間もない赤ちゃんは泣いてばかりです。また、赤ち
ゃんの周りの大人はシャワーのようにコトバを語り掛
けます。赤ちゃんが何に興味を示すのか、アメリカで
実験が行われました。そこで、動物の写真(犬、猫等)、
こどもの写真、大人の写真。なんと大人の写真を見る
時間が一番長かったそうです。大人の顔を見る。大人
の口からコトバが出て来るからです。コトバを聞きた
いとの赤ちゃんの衝動と考えられます。赤ちゃんは1
間、寝ることがほとんどです。ハイハイ、独り立ち、
歩行へと進みます。歩くことが出来るようになるとコ
トバを発する声帯が出来あがります。こうして、一言、
二言、自らコトバを発することが出来るようになりま
す。初めの一言を発するために、どれだけのコトバ掛
を聞いたことでしょうか。外からのコトバがけにより
赤ちゃんから幼児へと日常生活の中で話しコトバを身
に付けて行きます。イエス様は生活の中で経験するこ
とを用いて譬えを語ります。
 種蒔きが種を蒔きに出て行った。種は貴重なもので
す。また、種そのものに成長して実を結ぶ力を持って
います。種は良い土地に落ち、芽生え、育って実を結
びます。良い土地に種が落ちれば必ず実を結びます。
種自身が成長する力を宿しているからです。種は良い
土地に落ちて、芽生え、実を結ぶ。このコトバは、私
たちの心の深くにとどまり、様々な日常生活の中で想
起されることになります。なぜなら、イエス様の語ら
れたのは神の言葉だからです。
               園長 真砂 良克

2019年9月3日火曜日

ナースリーだより(9月)

今月の聖書の言葉
沖に漕ぎ出して網を降ろして、漁をしなさい。
            ルカによる福音書54

キリスト教保育に始まる幼児教育はフレーベル
に遡ります。この人は世界で初めて幼児教育の
必要性を説きました。父親はプロテスタントの
牧師でした。イエスの説いた「神の国」に触発
されて、子どもたちは無条件にイエスに受け入
れられているために子どもたちが遊ぶところと
して、キンダーガルテンと命名しました。「子
どもの園」と日本語に訳せます。しかし、日本
では幼稚園と訳しました。フレーベルの子ども
理解はルソーに近いと言われます。ルソーは
「エミール」(日本語に訳された題名)の中で
教育者とは子どもの持っているものを引き出す
役割を担う責任があると語ります。子どもの主
体性を大切にしています。フレーベルもこのこ
とを継承します。この世に誕生した人間の能力
を引き出す力を持った方は「神の国」を宣べ伝
えたイエスその人だと言えます。シモンに「沖
に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい」と言
います。「お言葉ですから、網を降ろしましょ
う」と答えます。大漁となります。シモンはイ
エスの持つ力に圧倒され、イエスの弟子になり
ます。
              園長 真砂良克

園長の言葉(9月)

9月の暗唱聖句 


沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい。
       ルカによる福音書5章4節

 長がかった夏休みが終わりました。お子さん
たちはこのことを心待ちしていたのではないで
しょうか。教師達は長い夏休み中に外に出かけ、
研修に3回参加しました。また、それぞれ自宅
研修に励み、二学期が始まることを楽しみに待
っていました。キリスト教保育に始まる幼児教
育はフレーベルに遡ります。この人は世界で
めて幼児教育の必要性を説きました。父親はプ
ロテスタントの牧師でした。イエスの説いた
「神の国」に触発されて、子どもたちは無条件
にイエスに受け入れられているために子どもた
ちが遊ぶところとして、キンダーガルテンと命
名しました。「子どもの園」と日本語に訳せま
す。しかし、日本では幼稚園と訳してしまい、
文部省の管轄となります。フレーベルの子ども
理解はルソーに近いと言われます。ルソーは
「エミール」(日本語に訳された題名)の中で
教育者とは子どもの持っているものを引き出す
役割を担う責任があると語ります。子どもの主
体性を大切にしています。フレーベルもこのこ
とを継承します。この世に誕生した人間の能力
を引き出す力を持った方は「神の国」を宣べ伝
えたイエスその人だと言えます。
 9月の暗唱聖句はそのことを私達に語ります。
イエスがガリラヤ湖畔に立っていると、神の言
葉を聞こうとして、群衆がその回りに押し寄せ
て来ます。群衆の主体性が表現されています。
神の言葉を聞きたい。イエスが語るのは「神の
国」でした。ですからイエスが語るのは神の言
葉です。群衆が大勢で押し寄せたものですから
押し倒されてはいけないと、イエスは、近くで
網を洗っているシモンに、舟を岸から漕ぎ出す
ようにと頼みます。舟の上から湖畔にいる群衆
に向かって教えます。聖書には何を教えたのか
は書かれていません。話し終えて、シモンに
「沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい」
と言います。シモンは「先生、わたしたちは、
夜通し苦労しましたが、何もとれませんでし
た。」と答えます。徹夜をして漁をしたが何も
とれなかった。徒労に終わった。ですから、や
めますとは言わずに、「お言葉ですから、網を
降ろしましょう」と答えます。舟の中でシモン
はイエスの話を聞いていました。イエスの言葉
を神の言葉として受けとめたのです。そのため
に、お言葉どおりにいたしましょう、と応答し
ます。すると、大漁となります。シモンはイエ
スの持つ力に圧倒され、彼の内面が暴露されま
す。網を入れても何も取れない、徹夜して取れ
なかったから。しかし、イエスの言葉は違う。
大魚となる。全てを知っている。シモンはその
ことに気づき、イエスの弟子になります。イエ
スから先に声を掛けました。キンダーガルテン
に来られているお子さん一人ひとり、イエス様
が招いておられる大切なお子さんであることを
9月聖句から教えられます。
             園長 真砂良克