2020年9月9日水曜日

ナースリールームからのお願い

 ナースリールーム

 本日より2020年度下松幼稚園ナースリールーム

始まりました。ご自由にご参加ください。

なお、1学期は新型コロナウイルス感染予防対策とし

て中止しておりました。

 参加下さる親子さんはご自宅で検温して、受付で結果

をお書きください。初めて参加下さる親子さんは幼稚園

入り口で検温させていただきます。また、保護者の方は

マスクの着用をお願いします。

2020年9月2日水曜日

ナースリー9月の聖書の言葉

 ナースリー 9月聖書の言葉

わたしはあなたがたを友と呼ぶ。

      ヨハネによる福音書15章15節

食事の席で、イエス様は、立ち上がり、たらいに水を汲み、弟子たちの足を洗い、腰につけていた手拭いで、足を拭きます。ペテロの番になると、拒みます。足を洗う行為は、当時、奴隷の仕事でした。師であるイエス様から足を洗ってもらうことなど出来ない、との思いからだと考えます。イエス様は、それでは、ペトロとの関係が切れてしまう。ペトロはそこで頭も洗ってください、と願います。しかし、イエス様は足を洗うだけでいいのだと言います。イエス様が弟子たちの足を洗ったのは弟子たちへの愛を示すためでした。

神様がイエス様を地上に遣わしたのは、このことを人類に示すためでした。弟子たちは互いに愛し合うことを教えられます。これから、イエス様がなされたように、生きて行きます。そのために、イエス様は「わたしはあなたがたを友と呼ぶ。」と言われたのです。神様の愛を知った人々が、イエスの友として、この地上で生きることになり、下松幼稚園にも伝えられました。9月の聖書の言葉がナースリーに集われる皆様にも伝えられます。幼稚園の庭で神の愛に触れて頂ければ幸いです。                           園長 真砂 良克

9月の聖書の言葉

 9月聖書の言葉

わたしはあなたがたを友と呼ぶ。

     ヨハネによる福音書15章15節

 

 「わたし」とはイエス様のことです。「あなたがた」はイエス様の弟子たちです。イエス様は弟子たちを招かれました。こうして師匠と弟子の関係が生じます。この関係は変わることはありません。将棋界で脚光を浴びている藤井聡太さんは棋聖(将棋界の8つのタイトルの1つ)になりました。師匠の杉本さんは藤井さんに何も教えることはありません、と言います。藤井さんは杉本さんを友とは言いません。必ず、師匠と呼びます。ところがイエス様は弟子たちを友と呼びます。師匠と弟子の関係ではなく同等の関係だと宣言します。この宣言文だけでは何を言っているのか理解出来ません。この文章の前の13章へと文脈を広げる必要があります。

ヨハネによる福音書13章でイエス様は食事の席で、立ちあがり、たらいに水をくみ、弟子たちの足を洗います。そして、腰に付けていた手拭いで弟子たちの足を拭きます。弟子のペトロはやめてください。そんなことをしてはいけません、と止めます。すると、イエス様は、今はわからないが後で分かると言って、足を洗い、拭きます。

こうして、イエス様は、弟子全員の足を洗います。当時、足を洗うことは奴隷の仕事でした。イエス様は弟子たちの足を洗うことで、一人ひとりを愛していることを示したのです。そして、あなた方も互いに愛し合いなさい、と戒めを与えます。愛し合う。これが神の子イエス様が、神様から与えられた使命でした。今や、弟子たちに互いに愛し合うことを示しました。これ以上、イエス様は弟子たちに何も伝えることがない。神様から与えられた使命を果たした。イエス様の使命を、これから弟子たちが受け継いで行くことが出来る。ですから、「わたしはあなた方を友と呼ぶ。」と言ったのです。神の愛を体験している者にもこの呼びかけの言葉が与えられています。

2020年8月25日火曜日

2021年度新入園児願書提出日

 2021年度 下松幼稚園

新入園児募集願書受付
日時 9月1日(火)午前8時30分より受け付けます。
場所 下松幼稚園事務室

・なお、願書が必要は方は幼稚園においでください。
2021年度入園案内とともにお渡しします。

満3歳児:20名(定員)
3歳児・年少(赤組):9名
4歳児・年中(黃組):若干名
5歳児・年長(緑組):若干名


2020年7月21日火曜日

2学期ナースリーカレンダー

1学期は新型コロナウイルス感染予防対策として
休止しましたが、2学期は次のように予定してい
ます。但し、コロナウイルス対策で予定の変更が
あることをご了承ください。保護者様はマスクを
着用ください。園で消毒液を準備しておりますの
でご利用ください。

2学期ナースリーカレンダー

9月のナースリー予定

9月 9日(水)はじめまして
  16日(水)あそびましょう
  23日(水)そうめんをたべましょう
・従来ですと「流しそうめん」をしていますが、
コロナ対策としてお椀にいれたそうめんを食べます。
  30日(水)おたんじょう会(4月~9月)

10月のナースリー予定

10月 7日(水)おやすみします。
   14日(水)うんどうかいごっこをしよう
   21日(水)おたんじょう会(10月)
   28日(水)入園準備会
   31日(土)バザー

11月のナースリー予定

11月 4日(水)おやすみします。
   11日(水)おやすみします。
   18日(水)えんそく
   25日(水)クリスマスせいさくをしましょう
         おたんじょう会(11月)

12月のナースリー予定

12月 2日(水)クリスマスせいさくをしましょう
         おたんじょう会(12月)
    9日(水)おやすみします。
   16日(水)ナースリークリスマス

2020年6月30日火曜日

7月聖書の言葉


7月聖書の言葉

今日を喜び祝い、喜び躍ろう。 詩編11824

 新型コロナウイルス感染予防対策で家から外に出ることが出来るのは買い物等日常生活にどうしても必要な事だけでした。およそ2ヶ月間、不便な生活をし、525日(月)から小学校や中学校が始まり、幼稚園も自由当園となり、特に、幼稚園では、園児さんたちが喜んだことだと思います。何よりもお友達と会える楽しみがあったと思います。また、お母さんと過ごした日常生活が楽しくて、幼稚園に行くことが億劫になった方もおられたと思います。
 7月の聖句は、今日は喜び祝いの日である、と宣言しています。祭りと言い換えるとご理解できるでしょうか。聖句の前の言葉は「今日こそ主の御業の日」と書かれています。神様が働かれた日であるので、喜び祝い、喜び躍ろう。嬉しくて、心がはじけて、体が動く。まるで、躍り出す。年少のお集まりでピアノの音がすると両手を動かしているお子さんがいました。ピアノの音が琴線に触れて体が動いたのでしょう。喜びや嬉しさは体で表します。躍りだすのです。「今日こそ主の御業の日」の前には「家を建てる者の退けた石が隅の親石となった。これは主の御業、わたしたちの目には驚くべきこと。」と書いています。家をつくる人。建築の専門家です。礎石となる石を捨てた。用いることが出来ない、と。専門家は長年の経験からこの石は建物を建てるにふさわしくないと判断した。ところが、神様は、それを礎石とされた。驚くべきことをなされた。神の働かれた日。喜びの日、ですからお祝いをし、心から楽しみ躍るのです。
 新約聖書に目の見えない人が登場し、近くを通るイエス様のことを知り、大声をあげ続けます。彼は目が見えるようになりたいのです。イエス様は男を呼ぶようにと弟子に言います。弟子が伝えると、目の見えない人は、上着を脱ぎ棄て、躍り上がつてイエス様のところに行きます。イエス様が呼んでくださったことを喜ぶのです。躍り上がるほどでした。

2020年6月9日火曜日

下松幼稚園入園説明会

入園説明会の日程

1学期は2歳児クラス、ナースリールームをお休み
していますが、下記のに日程で入園説明会を開催
します。

◎7月25日(土)午前10時より

場所 下松幼稚園(みんなのへや)

◎8月22日(土)午前10時より

場所 下松幼稚園(みんなのへや)