2019年7月3日水曜日

ナースリーだよりⅡ(7月)
















ナースリーだよりⅠ(7月)

今月の聖書の言葉
まことの光が輝いているからです。


ヨハネの手紙一28

太陽の光が強く感じられる季節を迎えました。
明るい光に照らされた山々は緑色を深くして
います。日中に太陽が輝くとは限りません。
曇りの日、雨が降る日があります。しかし、
日中に雲の上には必ず太陽があります。人間
となる以前の人類猿の頃、朝の日の出の時、
光に当たるようにじっとしていたのかもしれ
ません。その名残として日の出の頃に太陽に
手を合わせる行為をしたくなります。そして、
太陽はイエス・キリストへとたとえられて行き
ます。太陽の持つエネルギー。日陰と太陽の光
の当たる場での温度差の違いを肌で感じること
が出来ます。この時期には太陽の光に照らされ
ると暑いので、木陰や物陰を歩きます。しかし、
寒い冬になると太陽の光の当たるところへと出
て行きたくなります。その意味でも太陽の恩恵
は私たちの体の中に蓄積されています。太陽の
動きと共に日常生活を送ることが健康にも良い
ことが分かっています。この私たちの体を包み
込むような太陽としてイエス・キリストがたと
えられます。まことの光として輝いています。
           園長 真砂 良克

園長の言葉(7月)


7月の暗唱聖句 ヨハネの手紙一28


 太陽の光が強く感じられる季節を迎えました。
明るい光に照らされた山々は緑色を深くしてい
ます。日中に太陽が輝くとは限りません。曇り
の日、雨が降る日があります。しかし、日中に
雲の上には必ず太陽があります。人間となる以
前の人類猿の頃、朝の日の出の時、光に当たる
ようにじっとしていたのかもしれません。その
名残として日の出の頃に太陽に手を合わせる行
為をしたくなります。そして、太陽はイエス・
キリストへとたとえられて行きます。太陽の持
つエネルギー。日陰と太陽の光の当たる場での
温度差の違いを肌で感じることが出来ます。こ
の時期には太陽の光に照らされると暑いので、
木陰や物陰を歩きます。しかし、寒い冬になる
と太陽の光の当たるところへと出て行きたくな
ります。その意味でも太陽の恩恵は私たちの体
の中に蓄積されています。太陽の動きと共に日
常生活を送ることが健康にも良いことが分かっ
ています。この私たちの体を包み込むような太
陽としてイエス・キリストがたとえられます。
まことの光として輝いています。太陽はこの天
地が創造された時からありました。

しかし、イエス・キリストは今から約0千年
前にこの地上に表れます。当時の人々に太陽
のような接し方をします。病を負う人を癒し
ます。しかし、為政者たちから排斥されます。
犯罪人として処刑されます。時代はローマの
平和と言われた時でした。初代ローマ皇帝は
兵士を通して道路をつくります。インフラ整
備をします。すべての道はローマに通ず、と
言われる程でした。軍事力により戦争のない
状態を保ちます。河川や山を敵の侵入を防ぐ
防衛線とするために軍隊を駐留させます。こ
うして戦争のない状態を保ちます。
イエス・キリストが生まれ育った地はローマ
の属州として税金を納める必要がありました。
その反動として人々の内面には不満が渦巻い
ていたのです。そのために、イエス・キリス
トは反ローマの指導者として十字架につけら
れてしまいます。十字架で息を引き取り、墓
に葬られます。ところが、死からよみがえら
されます。このことを弟子たちが証しします。
園長 真砂 良克(まなごよしかつ)

2019年6月3日月曜日

ナースリーだより(6月)


息あるものはこぞって、主を賛美せよ。ハレルヤ。
              詩編1506
朝早く園庭ではスズメが数羽囀っています。やがて、
園児たちが登園すると園庭は賑やかな遊びの声が起こ
ります。このような光景を見ると神をほめたたえずに
はおられません。神をほめたたえる具体的な行為は礼
拝です。礼拝で心から神をほめたたえます。神を見た
者はいません。神の独り子であるイエス様は神様がど
のような方かを示してくださいました。イエス様を知
ることは神様を知ることになります。イエス様を私たち
に与えてくださった神様は素晴らしい方だと言うことが、
神をほめたたえることです。ほめることは神さまが素晴ら
しいからです。このように心に思うことを口に出すことが
喜びとなります。喜びは体に力を与えます。
下松幼稚園の子ども達は毎朝「イエス様、イエス様、
おはようございます。今日も一日守られて、楽しく遊び
ましょう。」と賛美しています。イエス様が共にいてく
ださる。どんな時でも何時でも共にいてくださいます。
早朝の園庭の雀の囀りも朝を迎えた喜びと感謝として受
け止めることになります。すると、この地球上の息ある
もの全てが、何らかの形で神を賛美しているのではない
でしょうか。
神を賛美する者は、一日、一日を充実して生きることに
なります。
           園長 真砂 良克

園長の言葉(6月)

聖句 詩編150編6節 
息あるものはこぞって、主を賛美せよ。ハレルヤ。 

 地球の上空は大気圏と言わる目には見えない
空気でおおわれています。空気中の酸素を用い
て息をするものは生命を維持しています。すべ
ての息をするものは主を賛美しなさい、と6月
の聖句は奨めています。ハレルヤとは「主を賛
美せよ」の意があります。同じ文章を繰り返し
ています。息をするものは神を賛美する。春に
は鶯の初鳴きを聞きます。鳴き始めですので、
ホーホケキョ、ケキョ、ケキョ、ケキョ、ホー
ホケキョと鳴くことが出来ませんが、次第に鳴
くようになります。神をほめたたえるように聞
こえます。
2月下旬から3月上旬、光市冠山公園では種々
の梅の花が赤色、白色と咲き乱れます。何処
からともなくメジロの群れが飛来して梅の花
の蜜を食べては囀ります。まるで梅の花が咲
いたことを喜び歌っているようです。自然に
目を向けると感動することばかりです。笠戸
島のはなぐり岩の近辺に沈む茜色の夕日の形
容しがたい光景、美しいと一言で言えないも
のがあります。朝早く園庭ではスズメが数羽
囀っています。やがて、園児たちが登園する
と園庭は賑やかな遊びの声が起こります。こ
のような光景を見ると神をほめたたえずには
おられません。神をほめたたえる具体的な行
為は礼拝です。礼拝で心から神をほめたたえ
ます。神を見た者はいません。神の独り子で
あるイエス様は神様がどのような方かを示し
てくださいました。イエス様を知ることは神
様を知ることになります。イエス様を私たち
に与えてくださった神様は素晴らしい方だと
言うことが、神をほめたたえることです。心
に思うことを口に出すことが喜びとなります。
子ども達は毎朝「イエス様、イエス様、おは
ようございます。今日も一日守られて、遊び
ましょう。」と賛美しています。イエス様が
共にいてくださる。息あるもの全てが、何ら
かの形で神を賛美しています。神を賛美する
者は、一日、一日を充実して生きることにな
ります。

2019年5月18日土曜日

下松幼稚園こひつじの会講演会

こひつじの会 講演会

日時 5月28日(火)10:00~12:00
場所 下松教会(栄町1丁目1ー19)
主催 下松幼稚園こひつじの会
   (下松幼稚園保護者会)
協賛 下松教会
テーマ ミンダナオ図書館のはたらきについて
講師 松居 友(図書館館長)
参加費 無料
   どなたでも参加出来ます。
詳しくは下記案内をご覧ください。